トップ 小児科ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ


小児科ナビまずは基礎知識 > 何歳まで?

何歳まで?

何歳まで?の画像

小児科は、病院に多くある科目の中で、年齢による区分分けがされている最も有名だと言える科目になります。他には、内科や消化器科などがありますが、これらは身体の部分で分けられている科目であり、最近一部の医療機関で設置されるようになった思春期外来などとは違って、一般的に多くの子供たちが診療にかかるポピュラーな科目だと言っても過言ではないでしょう。

小児科は、生まれたばかりの新生児よりかかることができ、そのまま1歳になるまでの乳児期、小学校入学までの幼児期、その後の学童期までの、健康管理と身体の不調時には、とてもお世話になる場所だと言えます。小児科の看板を掲げている医療機関では、もちろんこのような時期の子供たちの身体の成長の過程や、起こり得る病気や疾患などについての知識が豊富で、診察や治療にも手慣れていることがほとんどです。

ただし、どちらかと言えば、内科的な治療でかかることが多いのが小児科で、明らかな怪我や打撲などといった外的要因が原因である時には、小児科対象の年齢であっても、外科での診察を勧められるものとなり、大きな医療機関では、小児外科という診療科目を設けているところもあります。

また、小児科に通い続けている子供もいつしか成長してきますが、その時ふと頭をよぎるのが、いつまで小児科での診察を受けることが出来るのかということになります。一般的には、小児科での診察受け入れは、思春期と重なる15歳位までと考えられていて、学年で言うと中学卒業位までとなっています。

それ以降、小児科に引き続いて通う場合には、成人式を迎えるまでが年齢としての基準になると考えられますが、小児特有の慢性的な疾患というものがあり、このような疾患で継続的に小児科での治療を受けていた場合には、20歳を過ぎても、小児科での治療を受けることが勧められることがあります。

それ以外の場合には、義務教育を終えた後、身体の不調で診察を受ける為には、小児科以外に新たなかかり付け医を探すことが求められるということになりますが、子供の病歴や小児科の医師との相性もあり、一概に言えることではありません。


Warning: file_get_contents(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: node name or service name not known in /export/sd201/www/jp/r/e/gmoserver/2/3/sd0178023/centropv.com/001kisochi/002.php on line 91

Warning: file_get_contents(http://power-city.net/include/shounika/INCLUDE/centerad_.txt): failed to open stream: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: node name or service name not known in /export/sd201/www/jp/r/e/gmoserver/2/3/sd0178023/centropv.com/001kisochi/002.php on line 91

小児科ナビのおすすめ業者一覧はこちら。


    Warning: file_get_contents(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: node name or service name not known in /export/sd201/www/jp/r/e/gmoserver/2/3/sd0178023/centropv.com/001kisochi/002.php on line 98

    Warning: file_get_contents(http://power-city.net/include/shounika/select/r.cgi?day=10): failed to open stream: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: node name or service name not known in /export/sd201/www/jp/r/e/gmoserver/2/3/sd0178023/centropv.com/001kisochi/002.php on line 98

今日のお勧め記事 ⇒ 現代っ子の症状

よほどの理由がなければ、普段から毎日のように体温を測っているという人は少ないかもしれませんが、病気の時だけではなく、元気な時でもたまには体温を測る機会を作り、自分の平熱を知っておかなくてはいけません。子供でもそれは同様なのですが、その子供の体温が昔とは違って、どんどん低下しているということを聞いたことはないでしょうか? 子供でも大人と同様、36度半ば位が理想的な平熱なのですが、現代の子供は36度を軽く下回り、35度ギリギリ位という体温の子供が多いほどですから驚きます。ある学

小児科ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。