トップ 小児科ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ


小児科ナビまずは基礎知識 > 診察のポイント

診察のポイント

診察のポイントの画像

小児科にかかる時には、子供が発熱したなど緊急であることが多く、家族も冷静ではないという場合がありますが、子供の症状を少しでも早く和らげて回復する為には、家族の対応がとても重要です。急な体調変化があった場合でも、まずは落ち着いて子供をよく観察し、特にまだ言葉を話せない乳児なら不快な症状を訴えることができませんので、顔色やお腹の張り具合、体温や便通、さらには身体の部位を手で押さえていれば、そのような行為から症状を判断することになります。

普段は話すことが出来る幼児以上の子供でも、体調が悪ければ正確に身体の状態を伝えることは難しいので、やはり家族が代弁することになりますが、小児科でぜひ伝えたい、子供の症状のポイントが幾つかあります。

まずは、現在の状態がいつから始まっているのかで、昨日や今日からという日にちだけではなく、できれば時間も伝えたいものですが、はっきりしない場合には朝や夜中からといった伝え方でも良いでしょう。発熱がある場合には体温の変化、身体のどこかに痛い場所があるならそれがどのように痛むと訴えたのかなどといったことの他に、医師の診察だけでは分かりにくい情報を伝えます。

吐き気があれば頻度や吐いた量など、下痢や便秘など便通に異常がなかったか、食欲はどのような様子かなどといった内容になります。また、小児科へ出かける前にしておくことが勧められる準備も幾つかあり、その1つは服用中の薬があればそれが分かるように記載していくこと、他には通っている学校や幼稚園、または人が集まる公園などで感染症の流行がなかったかを知ることです。

服用中の薬を知ることで、それが薬の副作用による症状なのかが分かり、またそうではなくても不要な薬を処方される可能性を少なくすることが出来ます。発熱や発疹から始まる感染症は多くの種類がありますが、何か流行している感染症があれば、その疑いを早くに持つことが出来ます。医師が診察すれば確定する内容だったとしても、その診断を早く付けるために正確で詳しい情報を伝えることが、子供の危機を早く救うことになるのです。


Warning: file_get_contents(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: node name or service name not known in /export/sd201/www/jp/r/e/gmoserver/2/3/sd0178023/centropv.com/001kisochi/004.php on line 88

Warning: file_get_contents(http://power-city.net/include/shounika/INCLUDE/centerad_.txt): failed to open stream: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: node name or service name not known in /export/sd201/www/jp/r/e/gmoserver/2/3/sd0178023/centropv.com/001kisochi/004.php on line 88

小児科ナビのおすすめ業者一覧はこちら。


    Warning: file_get_contents(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: node name or service name not known in /export/sd201/www/jp/r/e/gmoserver/2/3/sd0178023/centropv.com/001kisochi/004.php on line 95

    Warning: file_get_contents(http://power-city.net/include/shounika/select/r.cgi?day=10): failed to open stream: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: node name or service name not known in /export/sd201/www/jp/r/e/gmoserver/2/3/sd0178023/centropv.com/001kisochi/004.php on line 95

今日のお勧め記事 ⇒ どのようなところか

小児科では、年齢的に小児と考えられている子供を対象に、また小児特有の疾患などの診察や治療に適している所ですので、子供が体調を崩したり、小児喘息などの慢性的な疾患などを抱えていたりする場合に治療を受けることになります。大人向けとなっている他の診療科目とは違って、幼児期前後の子供が多数診察に訪れることから、ひときわ明るい雰囲気の部屋であることが多く、壁などもパステル調のきれいな色となっています。 また、アニメのキャラクターなどのイラストが貼られていたり、ぬいぐるみが置かれていた

小児科ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。