トップ 小児科ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ


小児科ナビ知っておきたいケア > 熱は下げるもの?

熱は下げるもの?

熱は下げるもの?の画像

発熱は、小児科を訪れる患者の中でもかなり確率が高い症状で、子供は熱を出しやすい為、熱が高くなれば、すぐにでも下げなければならないと考えている人はわりと多くいるものですが、その考えは果たして合っているのでしょうか?

発熱すればすぐに解熱という考えを持つ人が多い為、子供がいる家庭では、熱を下げるための吸熱シートや、解熱剤、座薬などを常備していることでしょう。もちろんそれらの準備をしておくことは大切なことですが、熱が出た途端に下げなければならないというように敵視をするものではないと心得なければなりません。

その昔は、あまりに熱が高くなり過ぎると、脳炎や脳症など、脳に何らかの後遺症を遺すような事態になると考えられていましたので、現代でもそのような言い伝えは信じられているようです。もちろんあまりに高過ぎる熱が出ると、その心配も捨て切れませんが、それも42度以上の熱があってのことで、40度前後位までの発熱が起きても、その熱は身体の中でウイルスなどと戦うために必要な発熱であり、身体の免疫機能がバランスをとってくれるものです。

発熱があって小児科を受診すると、解熱剤などの処方が行われることになると思われますが、これは熱を下げるという効果を期待してではなく、発熱することによって感じる頭痛や関節痛などの身体の痛みや、夜にゆっくりと眠れないという状態を改善することが目的になります。また、熱が出ることによって診断される病気が幾つかあり、肺炎や急性肝炎、川崎病などは、むやみに熱を下げてしまうと診断が付かなくなったり、熱が見られないせいで病気の治療が遅れてしまったりすることもあります。

熱は身体に必要があって生じているものと考えて良いのですが、熱が高いまま何日も下がらないとか、ある程度まで下がっても平熱にならずに微熱のまま5日以上も経過しているなどといった場合には、その症状に合わせて早めに小児科を受診することが勧められます。


Warning: file_get_contents(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: node name or service name not known in /export/sd201/www/jp/r/e/gmoserver/2/3/sd0178023/centropv.com/002shicare/007.php on line 88

Warning: file_get_contents(http://power-city.net/include/shounika/INCLUDE/centerad_.txt): failed to open stream: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: node name or service name not known in /export/sd201/www/jp/r/e/gmoserver/2/3/sd0178023/centropv.com/002shicare/007.php on line 88

小児科ナビのおすすめ業者一覧はこちら。


    Warning: file_get_contents(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: node name or service name not known in /export/sd201/www/jp/r/e/gmoserver/2/3/sd0178023/centropv.com/002shicare/007.php on line 95

    Warning: file_get_contents(http://power-city.net/include/shounika/select/r.cgi?day=10): failed to open stream: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: node name or service name not known in /export/sd201/www/jp/r/e/gmoserver/2/3/sd0178023/centropv.com/002shicare/007.php on line 95

今日のお勧め記事 ⇒ 現代っ子の症状

よほどの理由がなければ、普段から毎日のように体温を測っているという人は少ないかもしれませんが、病気の時だけではなく、元気な時でもたまには体温を測る機会を作り、自分の平熱を知っておかなくてはいけません。子供でもそれは同様なのですが、その子供の体温が昔とは違って、どんどん低下しているということを聞いたことはないでしょうか? 子供でも大人と同様、36度半ば位が理想的な平熱なのですが、現代の子供は36度を軽く下回り、35度ギリギリ位という体温の子供が多いほどですから驚きます。ある学

小児科ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。