トップ 小児科ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ


小児科ナビ知っておきたいケア > 風邪と入浴の本当の関係

風邪と入浴の本当の関係

風邪と入浴の本当の関係の画像

発熱時の言い伝えと同様、風邪を引いたらお風呂には入らないものというのが、昔は常識とされていましたので、小児科でも風邪だと診断すれば、お風呂は元気になるまで我慢してねと止められるものでした。熱が高くてぐったりとしていたら、もちろんお風呂に入るどころではありませんが、体温によっては、お風呂に入る方がむしろ風邪の治りが早くなるかもしれないとして、現在は風邪だから必ずお風呂に入れないということではなくなっています。

実は、入浴は思っているよりも体力を消耗するもので、元気な時でなければ、お風呂に入ることで疲れてしまう為、風邪ではなくても、なんとなくお風呂に入りたくないという気持ちになったことがあるという人はいることでしょう。ですから、体調不良で、入浴することに乗り気ではない場合は無理をしてまでお風呂に入る必要はありません。

でも、お風呂で身体を洗うことによって、皮膚に付いている汚れや埃などを落とし、清潔にすることが出来るので、これによって身体の新陳代謝を高めることが叶います。入浴後、身体がきれいさっぱりとなれば、そのまま深く眠ることができるので、身体を休めることで回復させることが早まります。お風呂の浴室では湯気が充満していますから、湿度があり、喉や鼻の粘膜などを充分に湿らせてくれるという嬉しい効果もあるのです。

風邪といっても子供によって個人差が大きく、体調もさまざまですが、これらの効果により、一般的には37.5度以下の微熱状態なら、入浴しても差し支えないと考えられるようになりました。無理さえしなければ、お風呂は風邪に効くメリットがたくさんあることが分かりましたので、現在は小児科でも推奨する医師が多くいます。

ただし、冬場などは、お風呂から上がって湯冷めをすることがないように、入浴温度を高めて、しっかりと身体を温めることがポイントとなります。風邪の時には、薬だけではなく、お風呂も上手に使って、早く元気にしてあげたいものです。


Warning: file_get_contents(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: node name or service name not known in /export/sd201/www/jp/r/e/gmoserver/2/3/sd0178023/centropv.com/002shicare/008.php on line 88

Warning: file_get_contents(http://power-city.net/include/shounika/INCLUDE/centerad_.txt): failed to open stream: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: node name or service name not known in /export/sd201/www/jp/r/e/gmoserver/2/3/sd0178023/centropv.com/002shicare/008.php on line 88

小児科ナビのおすすめ業者一覧はこちら。


    Warning: file_get_contents(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: node name or service name not known in /export/sd201/www/jp/r/e/gmoserver/2/3/sd0178023/centropv.com/002shicare/008.php on line 95

    Warning: file_get_contents(http://power-city.net/include/shounika/select/r.cgi?day=10): failed to open stream: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: node name or service name not known in /export/sd201/www/jp/r/e/gmoserver/2/3/sd0178023/centropv.com/002shicare/008.php on line 95

今日のお勧め記事 ⇒ 現代っ子の症状

よほどの理由がなければ、普段から毎日のように体温を測っているという人は少ないかもしれませんが、病気の時だけではなく、元気な時でもたまには体温を測る機会を作り、自分の平熱を知っておかなくてはいけません。子供でもそれは同様なのですが、その子供の体温が昔とは違って、どんどん低下しているということを聞いたことはないでしょうか? 子供でも大人と同様、36度半ば位が理想的な平熱なのですが、現代の子供は36度を軽く下回り、35度ギリギリ位という体温の子供が多いほどですから驚きます。ある学

小児科ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。