トップ 小児科ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ


小児科ナビ病気になるのが仕事 > まずは予防から

まずは予防から

まずは予防からの画像

母子手帳を見ると、特に乳児期から幼児期までは予防接種のスケジュールがびっしりと詰まっていることに驚いてしまいますが、現在は予防接種の法律改正によって、義務として接種するのではなく、親の判断で接種することとなっています。

後遺症が心配される、または発症すると周囲への感染の可能性があるような病気に対する予防注射であり、健康な暮らしを送る為には予防を考えることも重要です。各地域の自治体によって対応が違っていることがありますが、集団接種とかかりつけの小児科での接種に種類が分かれていることがほとんどです。

予防接種には、三種混合や日本脳炎に代表される不活化ワクチンと、ポリオや風疹、BCGなどに代表される生ワクチンの2種類があり、ワクチンの種類に合わせて間隔を開けながら接種しなければなりません。予防接種で忘れてはならないのがガイドラインと問診票で、予防接種のガイドラインは自治体から予防接種を受けることができる条件や副作用の注意などについて記載がされていて、それを熟読してから問診票を書くことになっています。

問診票は家族が子供の接種日の体調を充分に確認してから記入しますが、小児科ではさらに診察を受けて、予防接種を受けても大丈夫かどうか判定してからの接種となります。それだけに予防接種では、いつも子供の診察をしてくれるかかりつけの小児科で受けることがとても大切だと考えられています。

予防接種は順番に接種をしていかないと、接種可能な時期に風邪をひいてしまったり、ウイルス性の疾患などにかかってしまったりして、どんどんとその時期を逃してしまいます。風邪や疾患からの回復後に予防接種を受けようと考えている場合、接種に問題がないかを正確に診断することができるのは、普段の子供の様子を知ってくれているかかりつけの小児科だからこそのことです。

また、これらの予防接種と比べると必須ではありませんが、状況に応じて、水疱瘡やおたふく風邪、インフルエンザなどの接種も推奨されます。特に小学校入学後はこれらの疾患にかかると出席停止となり、長期間授業を受けられなくなってしまいますので、早めの予防が肝心です。


Warning: file_get_contents(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: node name or service name not known in /export/sd201/www/jp/r/e/gmoserver/2/3/sd0178023/centropv.com/003byokisi/012.php on line 91

Warning: file_get_contents(http://power-city.net/include/shounika/INCLUDE/centerad_.txt): failed to open stream: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: node name or service name not known in /export/sd201/www/jp/r/e/gmoserver/2/3/sd0178023/centropv.com/003byokisi/012.php on line 91

小児科ナビのおすすめ業者一覧はこちら。


    Warning: file_get_contents(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: node name or service name not known in /export/sd201/www/jp/r/e/gmoserver/2/3/sd0178023/centropv.com/003byokisi/012.php on line 98

    Warning: file_get_contents(http://power-city.net/include/shounika/select/r.cgi?day=10): failed to open stream: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: node name or service name not known in /export/sd201/www/jp/r/e/gmoserver/2/3/sd0178023/centropv.com/003byokisi/012.php on line 98

今日のお勧め記事 ⇒ 感染症あれこれ

感染症とは、人や動物、またはケガをしてできた傷口などから体内にウイルスや細菌などの病原体が入ってくることによって起こる病気です。体内に入ってくるウイルスや細菌は、最初は少なくても、人体に入ると増殖して、それが原因で発熱や吐き気、下痢などの症状を引き起こします。 同じ感染症でも、人によって症状が違うことがある為、ごく軽く済む場合もあれば、重篤な症状になるものまでさまざまです。季節性の感染症として最も有名なのはインフルエンザで、A型やB型などの他、近年では新型タイプのインフルエ

小児科ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。