トップ 小児科ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ


小児科ナビ健やかな毎日の為に > 慢性化しやすい病気

慢性化しやすい病気

慢性化しやすい病気の画像

糖尿病は、以前は成人以上の大人のみがかかる病気と考えられてきましたが、現在は子供でも糖尿病と診断されるケースも増えてきました。また、喘息や鼻炎などは慢性的な疾患となり易く、長期の治療が必要とされる場合が少なくありませんし、症状がひどくなれば入院しなければならないこともあります。

他にも慢性化する病気には、腎疾患や血液疾患、心疾患、先天性の代謝異常などがあり、いずれの慢性疾患でも治療や入院などで、小児科との関わりも深くなります。これらの慢性的な疾患は、現代の生活習慣に原因がある場合もありますが、先天性のものでは子供だけではなく、もちろん親にも責められるような原因はない場合も多いということをまずは多くの人に知って欲しいと思います。

症状が軽いものでも、慢性的な病気を抱えることは大人が考える以上に子供には大きな負担となり、ストレスが溜まり、気分も沈みがちになることは容易に考えられることで、症状が重くなればそれは尚更となります。入院生活を続けなくてはならなければ、学校などへ通えないもどかしさや孤独感を募らせることになりますし、学校へ行ける状態でも活動が制限されてしまうことがあり、友達と自然に触れ合うことが叶わないこともあります。

慢性的な病気は、健康な身体というところから遠ざかり、不安な日々を過ごす現実となってしまうのです。もちろん食生活を含めた生活習慣の改善で、慢性的な疾患を完治に近付けることができるのなら、親子でそれを理解して実践することになりますが、それらは小児科の医師の診察を基本とすることになります。

目に見えている身体の不調だけではなく、病気が長引いて不安な気持ちになった時には、そのような気持ちも小児科の医師に相談することができます。また、慢性化しやすい疾患の中には、早い段階で家族が気付き、治療を始めることで、治療期間を大幅に短縮することができるものもありますので、子供の変化には敏感であることも必要なことです。


Warning: file_get_contents(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: node name or service name not known in /export/sd201/www/jp/r/e/gmoserver/2/3/sd0178023/centropv.com/004sukoyak/018.php on line 88

Warning: file_get_contents(http://power-city.net/include/shounika/INCLUDE/centerad_.txt): failed to open stream: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: node name or service name not known in /export/sd201/www/jp/r/e/gmoserver/2/3/sd0178023/centropv.com/004sukoyak/018.php on line 88

小児科ナビのおすすめ業者一覧はこちら。


    Warning: file_get_contents(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: node name or service name not known in /export/sd201/www/jp/r/e/gmoserver/2/3/sd0178023/centropv.com/004sukoyak/018.php on line 95

    Warning: file_get_contents(http://power-city.net/include/shounika/select/r.cgi?day=10): failed to open stream: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: node name or service name not known in /export/sd201/www/jp/r/e/gmoserver/2/3/sd0178023/centropv.com/004sukoyak/018.php on line 95

今日のお勧め記事 ⇒ 診察のポイント

小児科にかかる時には、子供が発熱したなど緊急であることが多く、家族も冷静ではないという場合がありますが、子供の症状を少しでも早く和らげて回復する為には、家族の対応がとても重要です。急な体調変化があった場合でも、まずは落ち着いて子供をよく観察し、特にまだ言葉を話せない乳児なら不快な症状を訴えることができませんので、顔色やお腹の張り具合、体温や便通、さらには身体の部位を手で押さえていれば、そのような行為から症状を判断することになります。 普段は話すことが出来る幼児以上の子供でも

小児科ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。